カリキュラムCurriculum

基礎から応用まで充実のカリキュラム。

栄養学科では、人々の健康づくりには欠かせない「食」と「栄養」の関係を基礎から応用まで堅実に学び、
さまざまな分野の栄養士として活躍できる実務能力を身につけます。

1年次栄養の仕事に必要な食品に関する基礎知識を修得

何よりも基礎を重視。高校で学んだ生物・化学を復習し、確実に理解。高校で学ばなかった人も安心です。

演習 実習 実験
基礎分野
  • ● 化学
  • ● 生物学
  • ● 保健体育
  • ● 英語Ⅰ・Ⅱ
  • 情報処理演習Ⅰ・Ⅱ
  • 体育演習
  • 基礎演習Ⅰ・Ⅱ
専門分野
  • ● 公衆衛生学(1)・(2)
  • ● 社会福祉論
  • ● 生化学
  • ● 解剖生理学(1)
  • ● 食品学総論
  • ● 食品学各論
  • ● 食品衛生学(1)・(2)
  • ● 栄養学総論(1)・(2)
  • ● 栄養教育論(1)・(2)
  • ● 給食経営管理論(1)
  • ● 調理学
  • 食品学実験
  • 調理学実習Ⅰ・Ⅱ
  • 給食経営管理実習Ⅰ
その他科目
  • ● 食事摂取基準論
  • ● 健康管理概論
  • 食品衛生学(1)・(2)

    食品衛生学(1)・(2)

    飲食物等が原因となって起こる疾病、あるいは危害について学習し、その防止対策として、生産から消費に至る各段階における衛生管理および食品衛生行政、食品関係者、消費者の果たすべき役割と実施すべき具体的な施策を学びます。また、科学的根拠に基づいた食品等の安全確保対策を各種の実例を参考にあらゆる角度から考えていきます。

  • 給食経営管理論(1)

    給食経営管理論(1)

    病院や学校など施設ごとの集団給食の特徴や栄養計画、給食の運営に必要な管理業務・給食業務を体系的に身につけるとともに、実践に則した大量調理とその衛生に関する知識を学びます。

2年次1年次をベースに、専門知識を重点的に学習

2年次は実験・実習がカリキュラムの中心。その豊富さが栄養学科の特色です。現場体験を通じて、栄養士としての自覚を持ちます。

演習 実習 実験 学外での実習
基礎分野
  • ● 心理学
  • ● 社会
  • 基礎演習Ⅲ・Ⅳ
専門分野
  • ● 運動生理学
  • ● 食品加工学
  • ● 栄養学各論
  • ● 臨床栄養学(1)
  • ● 病理学
  • ● 公衆栄養学
  • 生化学実験
  • 解剖生理学実験
  • 食品衛生学実験
  • 栄養学実験
  • 調理学実習Ⅲ
  • 給食経営管理実習Ⅱ
  • 公衆栄養学実習
  • 栄養指導実習Ⅰ・Ⅱ
  • 臨床栄養学実習
  • 臨地校外実習
その他科目
  • ● 臨床栄養学(2)
  • ● 解剖生理学(2)
  • ● NR・SA特講
  • ● 献立計画論
  • ● 登録販売者対策
  • 特別演習
  • 臨床栄養学実習

    臨床栄養学実習

    臨床栄養学で学んだ疾患別の食事療法に必要な治療食献立の調整と、基本献立からの各治療食献立への展開、各治療食献立の作成、糖尿病食品交換表の使用法などグループワークを通じて系統的に実習し、入院時食事療養の実務力を養います。

  • 栄養学実験

    栄養学実験

    日常摂取する食物中のビタミンC・アミノ酸・糖などについて、その処理方法や調理法の違いにより定量数値が大きく変化することを実験を通して観察します。また、旨味や甘味など味覚との関連性も確かめます。

Professor Voice

体験のなかで身につくプロの力。

大手前栄養製菓学院の実習は、設備や作業の流れなど実務に近い環境を再現し、即戦力を徹底的に磨きます。教員に加え、助手1~2名体制で、学生とのコミュニケーションを重視した「双方向型授業」を採用。学生は単に教えてもらうだけでなく、自ら発見した課題を解決することで、満足感や達成感とともに、知識・技術を“自分のもの”にします。短期大学と比較しても、専門学校は実習・実験が豊富。資格はもちろん、卒業後も成長していくための土台を身につけることが重要です。

加川 稚佳子先生 【給食経営管理論・実習】管理栄養士
PAGETOP