実習Practical

専門学校ならではの豊富な実習カリキュラムがワンランク上の実践力を育む

大手前栄養製菓学院の学びが大学や短大と大きく違うのは、実習・実験カリキュラムの豊富さです。
「実習授業」「実験授業」「臨地校外実習」という3つのラインをシンクロさせた実習は、本校ならではのカリキュラム。
確かな知識と同時に、ワンランク上の実践力が身につきます。

実習授業

実習授業の目的は、自らが体験することによって座学だけでは得られない知識を身につけること。例えば「臨床栄養学実習」では大別して2つの分野を学びます。1つは食事。病状に合わせた治療食の実習です。もう1つは指導。栄養士は、患者、家族のみならず、チーム医療の一員としてドクターに対するアドバイスも行います。その実際を体験しながら学ぶ。それが実習授業です。

  • 給食経営管理実習 Ⅰ・Ⅱ

    給食経営管理実習 Ⅰ・Ⅱ

    給食運営としての大量調理の実践を通し、栄養士としての資質を養います。献立の作成・調理・食材管理・衛生管理等、実務に添った知識・技術を体得します。

  • 臨床栄養学実習

    臨床栄養学実習

    1年生の臨床栄養学で学んだ病態や栄養状態の特徴に基づいて、軟菜食、慢性疾患食、術後食、アレルギー食などさまざまな疾患の食事療法に応じた治療食献立の理論や作成、そして調理実習を行い、入院時食事療養の臨床調理に必要な知識・技術を修得します。

Professor Voice

現場で使える学びであること。
それがこのカリキュラムの基本ポリシー。

このカリキュラムで体験することは、すべてが実際の現場で役立つことばかりです。現場ですぐに使えない学びには何の価値もないと思うからです。そのため授業ではあらゆることを具体的にきめ細かく教えます。もう一つ大切にしていることは、社会に出て困ることは徹底的に指導します。栄養マネジメントと関係が深いこともです。優れた栄養士であると同時に、優れた人格者になってほしい。それが私の願いです。

前田 浩史先生 臨床栄養学

実験授業

教科書で学んだことをさまざまな実験を通して実体験すること。それが実験授業です。例えば「生化学実験」では、人間の体内代謝においてその中心的な役割を担う酵素についてその特性を理解することを目的とした実験を行います。また「食品衛生学実験」では、着色料が人工か天然かを判定する実験を行います。食中毒の実験では菌の培養を行ったり、鮮度の判定実験も行います。

  • 解剖生理学実験

    解剖生理学実験

    人体模型、組織標本の顕微鏡観察、生理機能についての実験を通して解剖生理学で学んだ知識の理解を深めます。

  • 食品衛生学実験

    食品衛生学実験

    食品に使用される添加物や水質検査などについての実験を行うことにより、使用基準や特性、食品成分との関わりについて理解を深めます。

Professor Voice

実験によって得られるのは
知識の確かな裏付けです。

教科書で学ぶのは、基本的に原因と結果です。実験授業ではそのプロセスを体感します。なぜそうなるのか。どうすればそれを防げるのか。実験という体験を通して、これまでに学んできたことが確かな知識へと変わります。へぇー、と驚くことがたくさんあっておもしろいですよ。

石川 和江先生 食品衛生学実験

臨地校外実習

臨地校外実習は栄養士免許を取得するための必須カリキュラム。給食提供事業所や病院、大規模福祉施設などで実務を体験します。ほとんどが大規模の給食施設なので、実際の体験は大量調理になります。事前学習では実習先の業務内容に合わせた基本的な知識と技能を学びます。実習後は報告会を行いそれぞれの体験を共有化すると同時に今後の学習に役立てます。この報告会には1年生も参加します。

  • 事業所

    事業所

    利用者の健康の保持・増進を目的とした給食の運営を実践し、嗜好やコスト・安全性、衛生管理等の手法を学びます。また、カフェテリア方式の適温給食など、実習先のノウハウに触れることも大きく役立ちます。

  • 病院

    病院

    チーム医療の一員として、傷病者の病態を把握し、食事や経腸栄養法など、適切な栄養補給法を検討し、栄養・食事管理の実践を通して他部署とのコミュニケーションの重要性を理解します。

Professor Voice

食べること、作ること、食べる人を好きに
なってほしい。それが栄養士の基本です。

栄養士をめざす人にとっていちばん大切な基本的資質は、食べることが好きで作ることが好きであることだと思います。食べることが好きでないとおいしい料理は作れません。大量調理実習で栄養管理と調理技術を磨き、それを臨地校外実習に活かす。本当の実践力はここで身につきます。

加川 稚佳子先生 給食経営管理論・実習
PAGETOP