栄養学科Dept. Nutrition

食品・栄養の基本を身につけ、
幅広い分野で活躍できる栄養士へ。

幼稚園や保育所、小学校から病院、老人ホームまで、さまざまな場所で、さまざまな年齢の人に「食」を通じて健康な体づくりをアドバイスする栄養士は、飽食の現代社会になくてはならない存在。
なかでも、施設の需要そのものが高まっている各種社会福祉施設などで、有能な栄養士が強く求められています。

栄養士の活躍フィールド

  • 病院・福祉施設など
  • 保育所・学校・フィットネスクラブなど
  • 給食会社・外食産業など
取得できる資格 栄養士免許
管理栄養士国家試験受験資格(栄養士として実務経験3年以上が必要)
目指せる資格 NR・サプリメントアドバイザー
登録販売者
食育栄養インストラクター

学びのポイント

1

食の最前線、健康増進のスペシャリスト。

栄養士は病院や福祉施設、学校や企業などで、管理栄養士と連携をとりながら給食の献立作成や栄養指導を担当し、健康増進のスペシャリストとして幅広く活躍しています。年齢や体調、運動量などに応じて個別に配慮が必要な際も速やかに対応し、職場によっては実際に調理補助の業務に就くことも。そして、3年の実務経験の後には管理栄養士への道が広がっています。

食の最前線、健康増進のスペシャリスト。
2

スポーツ栄養の分野でも活躍しています。

近年注目が集まっているスポーツ栄養。人が運動するときの身体のしくみ、体力づくりにとって効果的な栄養の摂り方などの専門知識を生かして、運動選手の食事管理を担います。プロや実業団はもとより、最近では高校や大学の運動部でも専属の栄養士を置くケースが増えています。身近なところでは、スポーツセンターやフィットネスクラブなどの健康増進施設で栄養指導を担当しています。

スポーツ栄養の分野でも活躍しています。
3

次世代の食文化をクリエイトする栄養士に。

栄養士の資格を生かせば、食品メーカーや外食産業などのフードサービス業界で、新製品や新メニューの開発、製品の品質管理業務に就くことができます。また、クッキングプランナーやフードプランナー、フードコーディネーターとしてフリーで活躍する道もあり、これからの食文化を担っていく将来性豊かな職業といえるでしょう。

次世代の食文化をクリエイトする栄養士に。

2年間で何を身につけるのか

栄養の知識

栄養士に求められるスキル(技能)は、何よりも「食品と栄養に関する正確な知識」です。大手前栄養製菓学院の実践的なカリキュラムで学べば、双方をバランスよく学ぶことができ、栄養士に求められるこれらのスキルを身につけることができます。

栄養の知識

調理の技術

小規模な給食施設、例えば老人ホームや保育所などでは、栄養士が自ら調理を行うことは珍しいことではありません。また、調理師が常勤している施設でも栄養士が調理補助をすることもよくあり、調理の技術は必須となります。

調理の技術

コミュニケーション能力

栄養士にはよりよい給食環境をつくるための調理現場との連携や、給食サービスの対象となる相手(患者様やお年寄り、子どもたち)との会話は欠かすことができません。コミュニケーションの能力も重要なスキルです。

コミュニケーション能力

国家試験へ万全のバックアップ体制

管理栄養士国家試験において、栄養学科の卒業生は毎年多くの合格者を出しています。卒業生に対しても、「国家試験対策講座」や「模擬試験」を毎年実施。卒業後のバックアップ体制も万全です。

国家試験へ万全のバックアップ体制
Student Voice

「健康をつくる仕事」に就きたくて
栄養士をめざしました。

小さい頃から料理を作ることが好きで、将来は調理に関する仕事に就きたいとずっと考えていました。調理師ではなく栄養士を選択したきっかけは、オープンキャンパスで見た大手前栄養製菓学院の学科ガイド。『健康をつくる仕事』というフレーズを見て「私がめざしていたのはこれだ!」と、入学を決めました。

栄養学科1年 代田 芽実さん (京都府立東稜高等学校 出身)
PAGETOP