• 資料請求
  • オープンキャンパス
  • 製菓学科

栄養学科2年生【栄養学実験】の紹介

2017年05月01日

今回の実験ではアミラーゼによる糖質の消化を行いました。

食物中の栄養素は、そのままでは体内に吸収できないので

消化酵素の働きによって、吸収されやすい形にまで分解されます。

アミラーゼは唾液中や膵液に含まれる酵素で、

でんぷん等の多糖類を分解(消化)する働きがあります。

今回はアミラーゼが活性化する37℃で反応させ、

時間経過と共にでんぷんが消化される様子を観察しました。

この実験を通し、消化酵素について理解を深めることが出来ました。

 アミラーゼによる色の変化_R.JPG

 デンプンの呈色は時間経過と共に濃青色から淡橙色へ変化した

PAGETOP

学校法人 大手前学園/厚生労働大臣指定
大手前栄養製菓学院専門学校

〒540-0008 大阪市中央区大手前2-1-88

入試・オープンキャンパス等専用ダイヤル

フリーダイヤル 0120-01-7698

大手前栄養製菓学院専門学校 栄養学科

代表ダイヤル 06-6941-7698

  • メニュー
  • アクセスマップ
  • 資料請求
  • オープンキャンパス